精神障害者を対象とした地域生活支援活動を行っております。

当法人では「働きたい」という希望をお持ちの方に「就労移行支援」を行っています。

就労移行支援とは、障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスのひとつです。
一般企業への就労を希望する方に対して、働くための訓練や求職活動、働き続ける(職場に定着する)ための支援を行います。標準利用期間は「2年以内」です。

就職までのサービス提供の流れ

①基礎訓練
 事業所に通い、生活リズムを整えます。
 訓練プログラムに参加し、コミュニケーションの取り方や履歴書の書き方等、働くための知識を学びます。

②職場体験実習
 企業の中で働く体験をします。
 実際の職場の雰囲気を経験し、自分に向いた仕事や働き方、配慮があればできること等を確認します。

③求職活動
 職場体験実習で確認した希望職種等をもとに、求職活動を行います。
 関係機関と連携しながら、求職活動のサポートを行います。

④定着支援
 就職が決まった後も働き続けるために、関係機関と連携して支援を行います。
 面談や、企業との間に入って職場環境の調整などを行います。

※各訓練内容は事業所によって異なります。詳細は各事業所の概要をご覧いただくか、下記の各事業所にお問い合わせください。

利用対象者

  • 18歳以上65歳未満の、発達障がいのある方
  • 「就職したい」「働きたい」という気持ちのある方
  • 就労訓練や生活の支援を受け、就労を望む方

一日の流れ

スケジュール
9:30~9:50
朝礼・体操
10:00~11:45
訓練①
11:45~12:00
振り返り
12:00~13:00
昼休憩
13:00~14:45
訓練②
14:45~15:00
振り返り
15:00~
終礼
※水曜日は9:00~12:00までです。
※その方の状況によって時間帯が異なる場合があります。
※随時、面談も行っております。
※訓練スケジュールの詳細はこちらをご覧ください。

利用までの流れ

利用までの流れ内容

当法人では、以下の事業所で「就労移行支援事業」を行っています。
(詳細は各事業所をクリックしてください)

浅野社会復帰センター
ジョブサポートセンター黒崎
ジョブサポートセンター八幡