精神障害者を対象とした地域生活支援活動を行っております。

▼通所施設(就労移行支援・就労継続支援B型・自立訓練(生活訓練))関係

Q1.利用するにはどうすればいいですか。
A1.

以下のいずれかの方法でお問い合わせください。
電話(浅野:093-531-3823、JSC黒崎:093-616-8100、JSC八幡:093-616-0020)
こちらのWebフォームからも各事業所へお問い合わせできます。
ご利用までの流れについてはこちらのページからご確認いただけます。

Q2.利用料金はいくらですか?
A2.

福祉サービスなので、9割以上の方が無料で利用しています

区分世帯の収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯(注1)0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)。
9,300円
一般2上記以外37,200円

(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。

(注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。

(注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

※その他条件によって減免あるので、各行政に確認してください。

Q3.障害者者手帳を持っていなくても利用はできますか?
A3.

障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断や定期的な通院があれば、自治体の判断により利用可能な場合があります。
実際に障害者手帳がなくてもご利用している方はいますので、まずはこちらのWebフォームよりお問い合わせください。

Q4.送迎はありますか?
A4.

送迎はありません。各公共機関をご利用ください。公共機関の中には障害者手帳割引が適用される場合があります。

Q5.毎日通所しなければいけませんか? 一日居れないとだめですか?
A5.

以前よりも体力に自信がないとおっしゃる方が多いので、ご希望をお聞きして対応しています。
試しに1時間~3時間程度の体験利用から始めていただいています。事業所毎に異なる為、お問い合わせください。

▼相談支援関係

Q1.サービス等利用計画とはなんですか?
A1.

障害福祉サービスの決定を受けている方が、地域で生活していく時に必要となるさまざまなサービス等を上手に活用するためにつくる計画です。

Q2.サービス等利用計画はだれが作りますか?
A2.

計画は「特定相談支援事業者」が作ります。福祉サービスの経験があり、相談支援の専門研修を受けたスタッフ(相談支援専門員)があなたのサービス等利用計画の作成をお手伝いします。

Q3.サービス等利用計画を作るのに費用はかかりますか?
A3.

計画の作成に利用者負担はありません。作成する相談支援事業所には市から給付費が支払われます。(計画作成時およびモニタリング時)

▼グループホーム関係

Q1.どのくらいの料金がかかりますか?
A1.

家賃は固定ですが、水道光熱費及び食費に関しては、利用した分を支払って頂きます。
詳しくはこちらのページからご確認いただけます。

Q2.夜間の対応はできますか?
A2.

職員は常駐していませんが、夜間及び深夜帯の緊急時には連絡がとれる体制を取っています。

▼地域活動支援センター(ひこうき雲)関係

Q1.利用するのに料金はかかりますか?
A1.

無料です。

Q2.送迎はありますか?
A2.

送迎はありません。各公共機関をご利用ください。公共機関の中には障害者手帳割引が適用される場合があります。