精神障害者を対象とした地域生活支援活動を行っております。

情報公開

苦情解決制度

2014.06.05

制度の目的

北九州市精神保健福祉事業協会は、福祉サービス利用者の権利擁護のため経営する施設、事業所(グループホームを含む)のサービスに対し、利用者等から寄せられる苦情相談に積極的に対応し、迅速かつ公正な解決を図っています。

 

社会福祉法82条

社会福祉事業の経営者による苦情の解決

社会福祉事業の経営者は、常に、その提供する福祉サービスについて、利用者等からの苦情の適切な解決に努めなければならない。

 

苦情解決体制

  1. 苦情解決責任者(施設長)

施設・事業所の長が福祉サービスを受ける利用者・家族等からの苦情に対して責任をもって対応します。

  1. 苦情受付担当者

施設・事業所には、直接利用者からの苦情を受ける窓口担当者がいます。

  1. 苦情解決委員
浅野社会復帰センター
加藤 哲夫 加藤法律会計事務所 弁護士
木村 茂喜 西南女学院大学 大学准教授
ジョブサポートセンター黒崎
安部 裕一 北九州成年後見センター みると
ジョブサポートセンター八幡
江田 久美子 障害者支援要会 代表理事
高山 多美子 ソーシャルファーム高山